組織に“働きがい”を育む講師・ファシリテーター養成講座三期生募集説明会を開催します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

組織に“働きがい”を育む講師・ファシリテーター養成講座三期生募集説明会を開催します!

こちらのページに来られたあなたは
人生においては「働きがい」「生きがい」が大切だ!
働きがいにあふれる組織を作りたい!
働きがいあふれる組織の作り方を身に着けたい!
働きがいを組織にもたらす講師・ファシリテーターとして活躍していきたい!
このような思いを持たれていらっしゃることと思います。

当セミナー以下のような背景から生まれました・・・

超少子高齢化の局面において、一億総活躍射会を創造していくことが急がれています。様々な価値観や背景を持った方々が活躍できる社会の創設です!
しかし、日本は世界各国に比して、働く人々のやる気は低いと言われています。
まさに、組織に「働きがい」をもたらすことが必要なのです。
人手不足感が高まる中、働く方々の働きがい向上により組織定着率を上げ生産性を上げていく!
「働きがいを組織に育むことが出来るプロ」の存在が必要不なのです。

本説明会は働きがいのある組織風土醸成に対し、以下のような思いを持った方への説明会です。
①働きがいあふれる組織風土を現場にもたらしたい
②働きがいを現場に育む研修講師として事業を営みたい
③働きがいを現場に育む管理職・ファシリテーターとしての力量を上げたい

本講座の特徴

①講師・ファシリテーターとして受講生・部下の心をつかみ動かすことを学ぶ。
②講師からの知識教授だけでなく、受講生の知恵発掘や気付き発掘を可能にする。
③答えのない研修やワークをナビゲートする心得と方法を習得できる。
④実際に企業研修/講演・組織開発を手掛ける企業だからこそ伝えられる方法を伝授。
⑤全10回の終了後に希望者には、上司力研修開催資格の審査(プレゼン+面接)を行います。

本講座が可能にすること

①企業研修講師・ファシリテーターとして、独立の道が開かれる。
②働きがいを現場に育む組織開発の手法を手にすることが出来る。
③講師・ファシリテーター・管理職に必要な人材育成のノウハウを身に着けることが出来る。
④講師・ファシリテーター・管理職に必要なコミュニケーションスキル(ファシリテーション・プレゼンテーション他)を高めることが出来る。
⑤社会の変化を理解し、これから必要とされる組織や人のあり方を定めることが出来る。

卒業生の声

某教育関係企業管理職 R.Iさん
この研修は、参加者同士の磨き合いの場です。
自分自身の経験に基づく問題意識や目的意識があれば、多くの気づきとエネルギーをもらえます。
研修初回に、フィールワークス代表の前川さんは、参加者を7人の侍に例えました。
年齢も職種も異なる参加者ですが、共通するのは、働きがい溢れる職場を作りたいという思いです。
そして、異なるのはその思いのバックボーンとなる個人的な経験です。
毎回、田岡講師が設定される多様なお題を通じて、スキルやテクニックだけではなく、経験に基づく自分の言葉が人の心を動かすことを実感できます。
だから今日は他の参加者から、どんな話しを聞けるんだろう、と毎回楽しみになります。
そして、自らも、語る、プレゼンすることで、自分のキャリア、経験の棚卸しになります。
一年間というのは長丁場で、その間、様々なことが起こります。自分自身もキャリアの転機を迎えました。そんなとき、この研修でやってきた経験の棚卸しや、思いの磨き込みは大切な指針になりましたし、そして何より同じ思いを共有する仲間の存在は大きな心の支えになりました。
磨き合い、支え合う仲間と、その場を作ってくださった田岡さん、前川さんに感謝します。

某大手電機メーカー部長 H.Oさん
私の受講の目的は、2018年度に福島の地方創生を支援する経営コンサルタントとして独立を目指しており、独立講師を収入の柱の一つにしようとの思いがあったからです。
講座では、意識の高い同志たちと、パーソナルアイデンティティの確立、ファシリーテーション力やプレゼンテーション力の強化を毎回テーマ毎に学びました。授業は一方通行なものではなく、講師、生徒が全員参加型の楽しい形式で、毎回3時間の授業があっという間に終了してしまいました。
私は、来年3月末で、30年以上勤めた会社を退職し、経営コンサルタントとして独立します。独立するにあたり、当講座と前川代表、田岡塾長、他の同志が背中を押してくれました。今後、過去の会社生活で培った経験を活かし、独立する道を模索されておられる方がおられましたら、当講座の受講をお勧めます。

某調剤薬局チェーン部長 T.Hさん
この講座に参加して感じることを以下に掲げさせていただきます。
・企業人材育成講師としての必要な講義が網羅されています
・背景の環境因子、参加者への自分のアピール方法、プログラムの組み方、話し方から体の使い方等々のプログラムがあります
・内容は非常に実践的であり、実演を含めた研修プログラムを組んで頂いているので、わかりやすく身に付きやすい
・講義内容も、机上の空論ではなく現実の企業で巻き起こっている現実課題への対応を念頭に入れているため、実務的である
・田岡先生・前川先生を筆頭に非常に熱い想いを持たれた講師陣がいらっしゃり、そのお力が伝搬することで自分自身のモチベーション向上や維持の点で大変有難かった
・講義によって視野が大きく広がり、様々に紹介して頂いた書籍からも学びが多かった
・また、同期として受講している他の受講者の方々の熱量も高く、お互いに学びあえるコンテンツのお蔭でもありますが、毎回皆さんから多くの学びや気づきを頂くことができました
・研修後の懇親会(飲み会)を毎回開催して頂いたが、こちらも講師・受講者の方共に様々な想いや考え方の学びの場となっており、本講と同じくらい貴重なお時間を頂きました
・今後、上司力研修の講師として1年間で学んだ成果を発揮していきたい!

某市立小学校 校長 K.Yさん
文字通り「講師養成講座」なので、講師としての知識・スキル等のノウハウを学ぶことができました。さらに私自身中間管理職から上司になったばかりでしたので、講座を受講する度に、上司としてのあり方に気付かされながら自分なりに実践に落とし込んで活用することができました。私は、上司になったばかりの頃は、いかに目標を浸透させるか、チームをどうまとめるかなど、方法論を追究しがちでした。しかし、人を動かしたり、チームをまとめたりする上では、「やり方」の前に「あり方」を学ぶことがとても重要でした。そういった側面では、上司として気付きや学びの多い、上司のあり方そのものを深く学ぶことができる講座でもあります。
また、共に学ぶ同志もとても大きな存在でした。なによりも各自が強い信念をもち、本気で変化していこうとする生き方を浴びることで、自分のエンジンに何度も火を付けられました。心よりご縁に感謝です!

働きがいを育む講師養成講座二期生募集説明会プログラム

1、今、現場に求められる働きがいとは?
   働きがいを育む講師・ファシリテーターが、なぜ必要なのか?
2、働きがいを育む5つのポイント
   生産性の高い組織を作るために!
4、働きがいを現場に育むための人材育成・組織開発について
   上司・管理者の力が組織風土を変える
5、上司力研修・上司力鍛錬ゼミ開催までの道筋
   田岡の経験・軌跡より
6、まとめ・質疑応答

詳細情報
開催日時
平成30年10月26日(金)16:00~17:30 
平成30年11月27日(火)18:30~20:00 
平成30年12月11日(火)Ⓐ16:00~17:30 or Ⓑ18:30~20:00
平成31年 1月11日(金)Ⓐ16:00~17:30 or Ⓑ18:30~20:00
会場住所:東京都中央区日本橋浜町3-41-4旭光ビル7F
会場名:株式会社FeelWorks セミナールーム
講師:田岡 英明
受講費:無料
定員:15名
運営:株式会社働きがい創造研究所(株式会社FeelWorksグループ)

三期生募集要項

【対象】
・企業に対する研修講師として仕事をしていきたい方
・企業で管理職としてお勤めの方で、人材育成・組織開発の手法を学びたい方
・企業の人事として、社内講師としての力量アップや人材育成・組織開発の手法を身に着けたい方
【三期期生講座日程】
■コース日程
時間:18時30分~21時30分(3時間)
2月20日(水)、3月20日(水)、4月17日(水)、5月15日(水)、6月19日(水)、7月17日(水)、9月18日(水)、10月16日(水)、11月20日(水)、12月18日(水)
【開催場所】
FeelWorksワークスペース
東京都中央区日本橋浜町3-41-4旭光ビル7F
【費用】
25万円(税別)
【募集人数】
各コース:定員10名
【講師】
(株)FeelWorks 代表取締役社長 前川 孝雄
(株)働きがい創造研究所 取締役社長 田岡 英明
【全10回のカリキュラム】
第一回:働きがいを育む研修講師としての軸を定める
・働きがいを育む研修講師の必要性について
・社会の変化と求められる人材像とは
・経験を棚卸し、自己理解を深め、「あり方」を定める
第二回:ファシリテーターに求められる6つの講師力(その①)
・其の1:伝達力(持論と理論のバランス)
・其の2:関係構築力(敬意を払い、払われる)
・其の3:問いかけ力(質問のタイミングと内容)
第三回:ファシリテーターに求められる6つの講師力(その2)
・其の4:引き出し力(ワークの堂々巡り、行き詰りを突破)
・其の5:コメント力(豊富な引き出しからの的確なアドバイス)
・其の6:まとめ力(頭でわかる→腹落ち感)
第四回:プレゼンテーション力強化(その1)
・声の使い方と体の使い方
・参加者を惹きつけるABC
・言葉の使い方
第五回:プレゼンテーション力強化(その2)
・メタファーのつくり方
・話の構成
・ピークエンド効果をつくる
第六回:人材育成の手法➀
・人材育成の3ステップ
・相手・部下を理解する
・相手・部下に内省を促す
第七回:人材育成の手法②
・経営者に必要な力とは?
・管理職に必要な力とは?
・組織人に必要な力とは?
第八回:組織開発の手法①
・相互理解の促進
・コアメンバーの選定
・ビジョンの作成方法
第九回:組織開発の手法②と研修の作り方
・組織デザインの作成
・全体最適の仕掛けについて
・研修の目的と目標を定める
第十回:自己ブランディングと講師デビューに向けて
・ブログ/SNSの活用
・書籍出版について
・養成講座一年の学び共有
※回の内容により、課題の提出が必要となります。

講師情報
田岡 英明(タオカ ヒデアキ)
株式会社FeelWorks 専属講師兼シニアコンサルタント
株式会社働きがい創造研究所 取締役社長 
国内製薬大手の山之内製薬株式会社(現在のアステラス製薬株式会社)に入社。全社最年少リーダーとして、年上から女性まで多様な部下のマネジメントに携わる。傾聴面談を主体としたマネジメント手法によりコミュニケーション溢れる職場風土を形成し、組織成果最大を達成。また、仕事のやり方・意義の理解に苦しむ若者に対し「喜びの仕事学」を「ひよこ倶楽部」と銘うって展開。2014年株式会社FeelWorksにジョインし、希望と絆に溢れる企業社会づくりのために活動するとともに、2017年1月に中小企業と医療機関の働きがいあふれる組織開発を目的とした株式会社働きがい創造研究所をFeelWorksのグループ企業として立ち上げ、取締役社長としても活動中。

本セミナーは(株)FeelWorksのグループ企業である(株)働きがい創造研究所の運営によりご提供させていただきます。是非ご参加ください。
お申込み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP